ホームページ / よくあるご質問 / スチールファイバーについて /

現場打ちフォームを取り外した後、繊維が接合部から突き出ますか?

現場打ちフォームを取り外した後、繊維が接合部から突き出ますか?

更新時間:2018-01-23
繊維は、接合部があるフォームからのみ突き出ることができます。フォームの途中で突き出すことはできません。コンクリートを配置する前にジョイントをかしめると、これを最小限に抑えることができます。ただし、すべての関節をかしめることが常に可能であるとは限りません。突き出た繊維の数は、接合部の精度と繊維の投与量の関数です。

幅の広いジョイントは、タイトなジョイントよりも多くの繊維を捕らえます。型枠を取り外した後、ハンドサンディングブロックまたは小さなアングルグラインダーで繊維をすばやくノックダウンできます。
ハーヴェストについて
会社概要
大連収穫金属繊維有限公司は、中 - フランスの合弁会社であり、耐熱鋼繊維の製造を専門とし、鉄筋コンクリート補強用の繊維です。 HARVEST鋼繊維は、冶金、セメント、石油製油所、化学、セラミックスなどの幅広い専門家によってよく採用されています。鋼繊維は、橋、タンネル、ハイウェイ、空港、発電所、工業用床などのコンクリート建設プロジェクトでよく使用されてきました。 HARVESTスチール繊維の90%以上は、アジア、ヨーロッパ、北米、南米、オーストラリアなどのお客様が使用しています。 HARVESTは、高品質の製品と優れたサービスのためにユーザーに高い評価を得ています。

サブスクリプション
QRコード