ホームページ / よくあるご質問 / スチールファイバーについて /

鋼繊維補強コンクリートとは何ですか?

鋼繊維補強コンクリートとは何ですか?

更新時間:2018-01-23
鋼繊維補強コンクリートは、特定の用途分野で従来の鉄筋コンクリートに代わるものです。鋼繊維は、コンクリートに混合されると、不連続な3次元配向の等方性補強材になります。鋼繊維は、非常に小さな亀裂開口部で亀裂を埋め、応力を伝達し、コンクリートに亀裂後の強度を発生させます。

さまざまな種類の繊維(材料、形状、サイズなど)が利用可能であり、コンクリートへの影響はさまざまです。したがって、鋼繊維補強コンクリートは、「鋼繊維を含むコンクリート」として単純化してはなりません。鋼繊維は5つのグループに分けることができます:
  • タイプI-冷間引抜線
  • タイプII-カットシート
  • タイプIII-溶融抽出
  • タイプIV-削った冷間引抜線
  • タイプV-ブロックから粉砕
大多数はグループiに属しています。一般的で最もパフォーマンスの高い固定タイプは「フックエンド」です。同じ種類の繊維の場合、長さ/直径と引張強度が繊維の性能に最も大きな影響を与えます。 l / d比が高いほど、鋼繊維補強コンクリートの性能が向上します。
ハーヴェストについて
会社概要
大連収穫金属繊維有限公司は、中 - フランスの合弁会社であり、耐熱鋼繊維の製造を専門とし、鉄筋コンクリート補強用の繊維です。 HARVEST鋼繊維は、冶金、セメント、石油製油所、化学、セラミックスなどの幅広い専門家によってよく採用されています。鋼繊維は、橋、タンネル、ハイウェイ、空港、発電所、工業用床などのコンクリート建設プロジェクトでよく使用されてきました。 HARVESTスチール繊維の90%以上は、アジア、ヨーロッパ、北米、南米、オーストラリアなどのお客様が使用しています。 HARVESTは、高品質の製品と優れたサービスのためにユーザーに高い評価を得ています。

サブスクリプション
QRコード